スプリンクラーの性能の向上と形状のスリム化、品質向上

問題化する

人間とアスベストの長い付き合い

アスベストは問題化されて初めて認識した人も多いかと思いますが、年輩の方には石綿の呼び名で馴染みがあるかもしれません。 アスベストは非常に有用かつ汎用性の高い鉱物で、その危険性が認識されるまで、あらゆる製品や建造物などに使用されてきました。アスベストは古代の書物にも記録されているほど重宝されていましたが、現在では飛散する石綿の繊維が健康に悪影響を与えるなど、いまだ解決を見ない問題として存在しています。 日本では危険性が浸透し始めたころから少しずつ規制が強まり、いまでは輸入や使用や譲渡なども禁止になっています。現在も建造物には多く残っており、人体に影響を及ぼす可能性がなければ、条件付で継続使用が許されています。

代替品の開発が進んでいるが

ただ、増改築をおこなった場合にはアスベストの除去が義務付けられており、現在日本中に存在するアスベストを使用した建造物の耐用年数を考えたとき、おそらく約二十年後あたりに増改築の際に大量のアスベストが飛散することが予想され、その対策が急がれています。いまの法律や規則においても、除去の際には 届出が必要ですし、決められた除去方法をしなくてはなりません。そういった除去をおこなう専門業者も存在し、これから需要は拡大するでしょう。 先述したようにアスベストは使い勝手が非常に良いので、禁止となった今では、その代替品が急ピッチで開発されています。もちろん条件が厳しくなったいまでは、安全性がもっとも重要視されています。

Copyright © 2015 スプリンクラーの性能の向上と形状のスリム化、品質向上 All Rights Reserved.